2008年02月26日

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとはどういう意味でしょうか。内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)と呼ばれる肥満の型の人ががそれにあたります。

これに高血糖・高血圧・高脂血症のうち、二つ以上を有している状態が、メタボリックシンドロームです。

これまで日本では、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準によって、診断、対策が行われていました。これが2005年4月、、ずっと待望されていた日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が日本内科学会総会において発表されたことで変わったのです。

今ではそれが日本の診断基準となり、その対策が考えられるようになりました。具体的には、まず内臓脂肪の蓄積をウエスト径で判定します。男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。

これをもし腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定したとします。するとこのウエストの数字は断面積なんと100平方センチにも相当するのです。これによってタボリックシンドロームと判断されて、対策が必要だということになるのです。

こうして世界中で注目、問題視されているメタボリックシンドロームについて、その対策をするための様々な研究が続けられているのです。


posted by メタボリックシンドローム | メタボリックシンドローム

最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。